ベンツGLE ミラー型ドライブレコーダーDMDR-27/レザーレーダーLS710取付

【港北インター 取付事例】

こんにちは!温井です。
今回はこちら、ベンツGLEに、

①新型移動式レーザーオービス対応セパレートレーダー
ユピテルLS710
②ミラー型前後ドライブレコーダー
ドリームメーカーDMDR-27

の取り付けを行いました◎ヾ(o´∀`o)ノ

車かっこよ。・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:SUV好きな私にはたまりません。

で、レーダーがこちら↓↓↓

ドライブレコーダーはこちら↓↓↓

今回この2種類を選択したのには訳があります(´ェ`* )ドヤァ

こちらのGLEはフロントガラスに熱反射(防磁)ガラスという特殊なガラスを
使用しているので、GPSやETCなどの『電波を通さないガラス』になっています。

その為、ドライブレコーダーやレーダーのGPSも通さないので、
普通のGPS本体一体型ではなく、別体型を選ぶ必要があります。

どこにGPSを取り付けるのかと言うと、窓ガラスの一部分だけ
GPSを受信するための加工がされているんです!

こちらはルームミラーの右側。
見えるかなー??↓↓↓格子状になってる部分が分かりますか?

『ここでーす。ここ、ここー!』(Q風)

まずここと、あとはフロントガラスの中央下部、
こちらです。純正ナビとETCの受信部が既に鎮座してるのでわかりやすいですね。

『ここでーす。ここ、こ(ry』

今回お取り付けしたLS710とDMDR-27は
①LSM310新型移動式オービスに対応したレーダーを付けたい
②荷物を積むことが多く、ルームミラーでは見えにくくなるため、
インナーミラーとして後ろが見えるようにドライブレコーダーを付けたい

というご希望だった為、この2機種になりました。
(※商品の詳しい機能などは、リンク先からご覧ください。)

最近の輸入車は、車内電源が常時電源で管理されていることが多く
そのままドライブレコーダーなどを繋ぐと、エラーが出たり常に電源が入った
ままになってしまうので、注意が必要です。

今回はリアにあるシガー電源(ACC:アクセサリー電源)を使用しました。

裏側にある配線から分岐させて繋ぎます。

そのままケーブルをフロントに向けてルーフ内を伸ばしていきます。
黄色の〇はレーダーの『レーザー&GPS受光部』
オレンジの〇は右側は元々ナビ連動で付いている純正ドライブレコーダー
左側が新しくお取り付けしたミラードラレコのフロントカメラ

モニターに映っているのはリアの映像です。

前から見るとこんな感じ。付属のプレートを使用して吊り下げて取り付けしています。

黄色の〇はドライブレコーダーのGPS
オレンジの〇は多分純正ナビのGPSとかもろもろだと思われます。←

車種によって電源の取り出し位置が変わるので、輸入車は注意が必要です。

今回は2名がかりで3時間程度でしたが、スタッフ数によっては
もうしばらくお時間がかかる場合がございますでの、お気軽にご相談下さい◎

2021年6月17日